联邦东方明珠 ー 中国の完全管理生活区の巨大エリアに設置されたレジャー施設

lián bāng dōng fāng míng zhū
联邦东方明珠  リィェン バァンg ドォンg フhァンg ミィンg ジrュゥ
連邦東方明珠

中国の河北省石家庄市の東南区に “連邦東方明珠” という区画があり、東側に翟营(ジャイイン)大街、西に建華大街、南に二環、北には槐安(ファイアン)路に囲まれたこの一画は、住宅、商業区、学校、医療など生活に必要な一切を兼ね備えた巨大な立体コミュニティとなっています。

[ここから続き]

全体像はこんな感じです。

実際に近づくとまるで要塞のような重々しさを感じます。



連立してそびえる高層ビル群、恐らくここはオフィス区画や住居区画でしょう

路面に面した商業店舗ブロックもまるで城壁のようです。
この区画は詳細はよくわかりませんが人の流れや車の流れ、物流などの一切をインテリジェント化し、コンピュータで立体的に管理されているそうです。
もしかしたら月面に都市でも作って移住するために、生活のデータを取っているのかもしれません。

ただ、今回ご紹介したいのはこの区画の中にあるこちら…
城塞の一画に突如現れた巨大なエスカレータ。
先を見ると10階分ぐらいは登ってそうな長さと高さがあります。

その行き先は城壁の上に見えるガラス部分の場所です。

実はここは世界最大の室内空中花園という 水と緑のテーマパークになっています。



ガラス部分は巨大な温室になっていて、その中は植物を鑑賞したり、噴水や滝を眺めてくつろいだり、プールで泳いだり、ゴンドラに乗って遊覧したり出来るレジャー施設です。

全体はこんな感じの構成になっています。

他にもバイキングのような絶叫マシン的な乗り物があったり…

巨大なボルダリングウォールなどのアスレチックを楽しんだりできます。

そしてここでもご多分に漏れず…


ちょいちょいどこかで見たようなキャラがお出迎えしてくれます。