中国だからニーズがある健康づくりのためのサービス施設

mì pǎo
觅跑  ミィィ パhァォ
“探し走る” ?

こちらは中国某所の歩道脇に設置された小さな建物。
黄色と黒のツートンカラーがポイントのこの施設、公衆トイレには小さいし、昔の電話ボックスに比べれば少々サイズが大きいものですが、さてこれは一体何をするものでしょう。

[ここから続き]

細部が見えるよう拡大してみました。

文字が書いてあるのでお分かりいただけるかもしれません。
觅跑(ミィィ パhァォ)という文字が書いてありますが、意味は”探し走る”の意味です。
でもその横に”自动健身”と書いてあるのでピンと来た方もいらっしゃるかもしれません。

実はこれ、中身がこちらのようになっています。

ランニングマシンが置いてあるお一人様用のスポーツジムなのです。
何で? “外を走ればいいじゃん” 日本の方ならきっとそう思いますよね。
実際ランニングは中国の人々にも人気の健康法なのですが、皆さんもご存知の通り中国の空気は非常に体によくありません。
PM2.5がレッドゾーンになるほど危険域に達することもしばしばあります。
そんな中ランニングしようものなら呼吸器系のダメージは計り知れません。

そこで空気清浄機が効いたスペースでランニングすれば安全に体力づくりが出来るというわけです。

もちろん雨天でも気軽にランニングを始められます。

ミーパオはスマホの専用アプリを使って地図上で使いたい場所の觅跑(ミィィ パhァォ)を選んで利用したい時間を指定して予約します。

すると入り口のロックの解除コードがもらえますので、予約時間になったら現場でそのコードで中に入れます。
あとは時間が来たら退室するだけです。
毎分0.2元とありますので日本円に換算すると一時間で1000円弱といったところです。
もちろん携帯で引き落としできるので現金は不要です。

会社の帰りにでも気楽に利用できて簡単にリフレッシュできそうです。

[PR]マラソン指南書(中国語)
馬拉松完全指南(マラソンの教科書)(中国語)

○参照:犯贱志 觅跑官网