中国では本がいつでも借りられるコンビニ図書館があります

zì zhù tú shū guǎn
自助图书馆  ズi ジrュゥ トhゥゥ シrhュゥ グゥァン
セルフ図書館

こちらの中国にあるコンビニみたいな建物は24時間営業している図書館です。
中国では読書推進活動に力を入れていて、特に都市部にはこうしたコンビニエンスな図書館が置かれています。

[ここから続き]

ちなみに最初の画像は上海の近く、江蘇省の張家港市のもので、中では本のレンタル以外に読むスペースも用意されています。

図書館だから読むスペースがあるのは当たり前だと思われるかもしれませんが、このセルフ図書館は平均的に次のような形態をしているものが多いのです。

こちらは厦門市のセルフ図書館。
バス停の待合室くらいのスペースに、本を内蔵したマシンが置いてあって、ここで本を選んで借りたり、返却したりが出来るようになっています。

使用には事前に保証金を支払ってレンタルカードを作成しておく必要がありますが、利用は基本無料でできるようです。

使い方は非常に簡単です。

ウィンドーの中に本がたくさん並んでますが、借りたい本をここで見つけるか、モニターにリストを表示させて検討します。

カードを入れてパスワードを入力すれば、あとは本のある棚の番号を打ち込めば本が出てきます。


返却も同様でカードを認識させたら返却口に本を入れればOKです。

雰囲気がわかる動画を見つけたので貼っておきます。
本は子どもからお年寄りまで楽しめる様に各種取りそろえられていて、定期的にリニューアルされるのでリピーターも増えています。
[PR]こちらは書籍をオンラインで

○参照:中国江苏网 孙言的博客 搜狐网 达州新闻网