中国で"包帯ビル"と呼ばれる手抜き工事の建物いろいろ

bēng dài lóu
绷带楼   ブァンg ダァィ ロォ

包帯ビル

bengdaiwangA

中国には”绷带喽(包帯ビル)”と
呼ばれるビルがあります。
こちらのビルもそんな呼ばれ方を
している物のひとつです。

どうしてそう呼ばれているのか…
画像を拡大してみました。

[ここから続き]

このビルは17階建てで、2005年に建設され、
今年で9年になります。
このビルは”住房公积金大厦(住宅公共積立金ビル)”と
いう名前で 下層部には”住宅公共積立金”関連の企業が
入っており、上部は住宅になっています。

そして上部の住宅部のアップがこちらです。

bengdaiwangB
さすがに公共事業関連組織が作ったビルだけあって
立派なつくりですが、なにかお気づきになりましたでしょうか?

もう少し拡大したのが次の画像です。
bengdaiwangC

いかがでしょう?壁になにか模様のような物が見えます。

実はこれ、ビルの歪みによって入ったヒビを
防水のための応急処置で埋めた物で、
かなり以前に旧東方愉快でご紹介したことが
ありましたが、まだ当時は”包帯ビル”という
名称がついていませんでした。

このヒビを埋めた跡が包帯のように見えるから
この呼ばれ方をされるようになったのです。

こちらは山東省の東管東城区のやはり包帯ビルです。
bengdaiwangD

日本にもよくありそうな集合型のマンションですが、
ご覧の通り、各棟に”包帯”が巻かれています。

近くで見るとかなりみっともない感じがします。
bengdaiwangE

もっと色を合わせればいいのに…と思ってしまいます。
多少は意識しているようなのですが…

こちらはまた別の常州のマンション。
bengdaiwangF

いかがでしょう?
“包帯”がくっきりです。

bengdaiwangG

せっかく大枚はたいて購入したマンションが
たいした経年をしていないのに”包帯”が巻かれるように
なってしまってはがっかり感も半端ないことでしょう。

[PR]
みんなで貼ってスポーツ観戦!フェイスシール 中国 布絆創膏タイプ
■ブログランキングに参加しています

○参照:中国贸易新闻网 金 融界 中国建筑新闻网