共享 ー 中国に広がる”シェア”できる色々なサービス

gòng xiǎng
共享  ゴォンg シィァンg
シェア(共有)する

最近はルームシェアとかカーシェアなど”シェア”という言葉に馴染みが出てきました。
以前ご紹介したofo自転車もシェアサイクルと言われています。
私はあのサービスはお金を払って借りるのでレンタルだと思っていますが、みんなで使うという点に重きを置けばシェアにもなるのかもしれません。

[ここから続き]

ただ、残念ながらそんな人達ばかりではないので、ほんとにシェアしているのかな?とちょっと疑問に感じなくもないです。
ちなみに最初の画像は新しいofo自転車のスポーツタイプの自転車で黄色ではなく黒ベースになっています。

ofoの成功を真似して始めたのがこちらのシェアサービス。

キックボード。
色も真似して黄色です。
長距離には向きませんがある程度の範囲を早めに移動するのならいいのかもしれません。
コンパクトですし。

同じくこちらも黄色の展開。

笛檬小车(ディ ムァンg シィァォ チュァ)という乳幼児用の三輪車です。

これもスマホで検索できます。

あとこんなのも登場しました。
折りたたみ椅子。

バス停や地下鉄のホームに置いてあるようです。


これがあれば、もうマイチェアを持って地下鉄に乗り込む必要がなくなります。
でもこれお金を取っているのでしょうか?

一応座るところにはQRコードが載っています。


GPSもついていませんし、保証金もアプリの登録も要らないということで、実は発信者は広告媒体と考えているようで、広告クライアントを募集しているそうです。

また中国ではこんなものもシェアサービスしています。


BMW。


さすがにこちらは保証金999元と1km当たり1.5元が必要です。
時間はかかるけど短距離ならお得です。

この様に中国ではシェアビジネスがどんどん広がっています。
なのでこんなもの?までシェアされていました。


共享女友(シェアガールフレンド)だそうです。
さすが中国。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする