中国ではスリの中でも捕まる以外に痛い目にあうスリがいます。

pá shǒu
扒手  パhァシrhョォゥ
スリ

中国に限らず海外では泥棒が日本では考えられないほど多発します。
観光地でも繁華街でも人が集まるところには油断するとすぐ物が盗まれます。
だいたいは後ろからカバンを狙われるので、注意すれば防ぎようはあるかもしれません。

[ここから続き]

こちらは子どもがスっている現場ですが、ご覧のように人の目もあるのに正々堂々と犯行を行っています。

さてそんなスリを親切な人が注意してくれる場合もあるのです。
こちらは広西省の玉林市教育中路にある交差点付近です。

ご覧のように誰かが「 私はスリです 」と貼り紙しています。
そしてスリが一番無防備になるのが犯行の時です。
なので腕のいいスリはそこを狙うのです。

スリに頼むのも何ですがこうした悪い奴らはどんどん懲らしめてほしいです。
こちらは”反扒(スリ対抗)”活動中の警官が乗ったバスで捕まったスリの女性。

どうやらこの路線はスリ被害の届けが多いらしく張り込んだところ、6人の女生と2人の男性の8人が一挙に捕まりました。
しかし、普通に警察に捕まった方がむしろよかったのかもしれません。
こちらはまた別の公共バスで女性から携帯をスろうとして見つかった男性です。

言い争った後に女性から瞬殺されてます。

[PR]香港のスリのサスペンス
【送料無料】【中古】DVD▼スリ【字幕】▽レンタル落ち

○参照:新浪网 hao123 万家资讯 浙江都市网 搞笑吧 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする