鉄製や木製だと思ったら紙で出来てた! ショックな中国製トビラ

fáng dào mén
防盗门   フfァンg ダァォ ムァ 

防犯扉

fangdaomenA2以前、中国のお家の窓の防犯用の鉄格子のお話をしたことがありますが、玄関の方は玄関の方で、それなりに厳重に防犯対策をしていて、大体は入口ドアの外にもう一つ鉄の扉を設置しています。

[ここから続き]

防犯用の鉄の扉はその建物の構造にもよりますが、コチラのアパートのように、そのフロアに何件かある場合は、入口ドアのすぐ前に設置している事が多いです。

fangdaomenD

また、コチラのように階段の途中に設置してある場合もあります。

Ììæñ´óÏÃ4Â¥ºÍ5Â¥Ö®¼äµÄÂ¥µÀÓÐÌúÃÅ°ÑÊØ£¬µ²×¡Ñ§Éúȥ·
他にも廊下の入り口とか、建物の入口とか、その区画の入口とか形態は様々ですが、大体は二重に扉でガードしています。

日本では門前にすぐ鉄格子を設置することは少なくて、大体は各戸の入り口はこうした扉だけだと思います。

fangdaomenE

ただ、中国の場合鉄格子を閉めたまま、荷物の受取りなどができるので、この形式が便利みたいです。

それにこの扉、意外と脆弱だったりもします。

fangdaomenG
もちろん全部が全部ではありませんが、ご覧のとおり、表面をちょっとめくると中身はハニカム構造のダンボール製だったりするのです。
カッターナイフで突破できそうです。

高級木目調の場合でも同じです。

fangdaomenH
取っ手だけいっちょまえです。

防犯にはうるさい中国ですから、家の扉がこんなインチキだったら相当驚いたことでしょう。
軽いし、設置しやすいし、安くできるし…高く請求できるし…でも消費者のことは ないがしろ です。

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 
○参照:591房屋交易網 591房屋交易網  中国消防在线 百度经验 万家资讯 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする